メールアドレス

パスワード

【オンライン講習会】走査型プローブ顕微鏡の原理と応用

基本情報

開催場所 WEB
開催日時 2021年5月12日

-走査型プローブ顕微鏡の原理と応用-

SPMで何ができるのか?SPMの上手な使い方

概要:走査型プローブ顕微鏡SPM(AFM)をこれから使おうと思っている方、使ったことはあるけど表面形状像しかとってない方に向けた講習です。

SPMの基本、原理から実際に使用する場合のコツ、注意点およびSEMとの比較を説明します。画像に現れるアーティファクトについても解説します。

さらに、形状観察から進んで粘弾性、表面電位、接触電流測定などの物性測定についても原理から説明します。

日時:2021年5月12日(水)13:00~15:00

場所:オンライン(ZOOM)

講師:中本 圭一 (分子科学研究所 機器センター)

対象:大学等の技術職員・技術スタッフ(派遣・パートを含む)のどなたでも可

   これからSPMを担当する方など、初心者向け講習会です。

主催:大学連携研究設備ネットワーク事務局

申し込み:https://eqnet-study.jp/post_9.html

プログラム

13:00~13:10 大学連携研究設備ネットワーク 講習会制度の紹介

13:10~14:10 走査型プローブ顕微鏡の原理と応用 

14:10~15:00 質疑応答

            ※当日、測定データへのアドバイス等も受け付けます。

            希望の方はデータ等ご用意ください。

問い合わせ先:大学連携研究設備ネットワーク 事務局

       eqnet-office@ims.ac.jp 0564-55-7457