メールアドレス

パスワード

試料導入系を学ぶ~LC、GCの地味にいい仕事~

基本情報

地域 大阪
開催場所 大阪大学
開催日時 2018年10月 5日
定員 15名
受付期限 2018年9月14日

『試料導入系を学ぶ~LC、GCの地味にいい仕事~』を開催いたします。

近年、MSは感度・精度や操作性など分析装置として格段の性能向上により、さまざまな分野の研究開発や品質管理で利用されています。MSは高感度かつ汎用性の高い検出が可能なことからターゲット成分の一斉分析だけでなくノンターゲット成分の分析にも利用されることが多くなっています。MSの性能を十分に発揮するためには試料導入部(LCやGC)を理解することが重要です。

そこで今回の講習会では目的に合わせたMS測定のために改めてクロマトグラフィーを顧みたいと思います。また、アジレントで特徴的なHPLC-ChipやSFCについても紹介いたします。

【日  時】 平成30年10月5日(金)

       午前10時15分~午後5時 (10時受付開始)

【場  所】 大阪大学 テクノアライアンス棟

       (〒565-0871 吹田市山田丘2-8)

【講  師】 アジレント・テクノロジー株式会社

【定  員】 15名(先着順)

【対  象】 大学の装置担当者、技術職員、技術支援員、技術補佐員等、その他

【主  催】 自然科学研究機構 分子科学研究所(大学連携研究設備ネットワーク)

【共  催】 質量分析技術者研究会

【旅  費】 分子科学研究所より一部支給(大学の装置担当者、技術職員、技術支援員、技術補佐員等)

【申  込】 https://eqnet-study.jp/form/lcgc.html (大学関係者用)

      http://eqnet-study.jp/lcgc_2.thml (企業用)

【申込締切】 平成30年9月14日(金)

【プログラム】

10:00 受付開始
10:15-10:30 大学連携研究設備ネットワーク事業の紹介
10:30-11:15 全体講義 イントロダクション
MSの導入系としてのHPLCについてアジレントでユニークなHPLC-Chip/MSの原理と概要・アプリケーション事例を示します。また、その他いろいろな導入手法を紹介いたします。

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 瀬崎 浩史 氏

11:15-12:15 1班:ラボ実習/実践 LC/MSの紹介~
実機による測定・データ処理ソフトについて、精度の良い測定には。
MS分取からSFC-TQ、LC-QTOFまで

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 安田 恭子 氏
野田 莉帆 氏
瀬崎 浩史 氏

2班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報~ 『LC/MSをもっと上手に使うコツ』~LCにおける溶媒の選択、
条件の最適化など

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 石橋 貴明 氏

3班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報 『アジレントのGCの特徴』~試料の性質とカラム選択のコツ、
分析条件の最適化~

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 佐久井 徳広 氏

12:15-13:45 休憩(昼食)
13:45-14:45 1班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報
『アジレントのGCの特徴』~試料の性質とカラム選択のコツ、
分析条件の最適化~

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 佐久井 徳広 氏

2班:ラボ実習/実践 LC/MSの紹介~
実機による測定・データ処理ソフトについて、精度の良い測定には。
MS分取からSFC-TQ、LC-QTOFまで

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 安田 恭子 氏
野田 莉帆 氏
瀬崎 浩史 氏

3班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報~
『LC/MSをもっと上手に使うコツ』~LCにおける溶媒の選択、
条件の最適化など

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 石橋 貴明 氏

14:45-15:00 休憩
15:00-16:00 1班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報~
『LC/MSをもっと上手に使うコツ』~LCにおける溶媒の選択、
条件の最適化など

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 石橋 貴明 氏

2班:座学・基礎編 MS測定のための知識・情報
『アジレントのGCの特徴』~試料の性質とカラム選択のコツ、
分析条件の最適化~

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 佐久井 徳広 氏

3班:ラボ実習/実践 LC/MSの紹介~
実機による測定・データ処理ソフトについて、精度の良い測定には。
MS分取からSFC-TQ、LC-QTOFまで

講師:アジレント・テクノロジー株式会社 安田 恭子 氏
野田 莉帆 氏
瀬崎 浩史 氏

16:00-16:30 全体講演:アジレントの最新テクノロジーの紹介
16:30-17:00 全体を通して 質疑応答
17:00 終了予定

講習会に関する質問は、以下までお願い致します。

大学連携研究設備ネットワーク事務局
〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
自然科学研究機構 分子科学研究所
機器センター(担当:東、大原)
TEL:0564-55-7431
FAX:0564-55-7448
e-mail : eqnet-office@ims.ac.jp