メールアドレス

パスワード

質量分析上級者研修会 ~JMS700を用いたnegativeモードでの測定~

基本情報

開催場所 奈良先端科学技術大学院大学
開催日時 2019年8月28日
定員 3名

定員に達したため、申し込みを締め切りました。

※EI,FAB法でpositiveモードで精密質量測定までできる方対象です。※

【1.題目】

JMS700による質量分析の高度技術修得を目指して

~放電に気をつけてnegativeモードで測定してみよう~

2.目的

質量分析法でよく利用されるのはpositiveモードである。EI法ではpositiveしか検出されず、また他のイオン化法でもプロトンやナトリウムイオンなど付加されたイオンが検出されやすいからであると考えられる。しかし、サンプルによっては電子の引き抜きが起こりやすいものなどもあり、必ずしもpositiveで検出されるとは言えない。

そこでnegativeモードでの測定を行うのだが、negativeモードはpositiveモードよりも放電が起きやすく、イオン源の調整や電圧調整などpositiveモードよりもシビアに行わなければならない。

今回は奈良先端科学技術大学院大学に設備されているJEOL社製JMS700を用いて、positiveモードよりも調整が難しいnegative-CI法、negative-FAB法に特化してイオン源セッティング、電圧調整、測定準備、マススペクトル測定の講習を行う。

3.講師

質量分析技術者研究会 三宅里佳

4.実施日

令和元年8月28日(水)

5.集合場所

奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域 質量分析室

6.日程表

8月28日(水)

9:00~ イオン源の調整、確認

10:00~ 測定実習(negative-CI法,精密質量測定)

12:00~ 休憩

13:00~ 測定実習(negative-FAB法,精密質量測定)

17:15 終了

【申し込みフォーム】 https://eqnet-study.jp/form/jms700negative.html

セミナーに関する質問は、以下までお願い致します。

大学連携研究設備ネットワーク事務局

〒444-8585

愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38

自然科学研究機構 分子科学研究所

機器センター(担当:大原)

TEL:0564-55-7431

FAX:0564-55-7448

e-mail : eqnet-office@ims.ac.jp