メールアドレス

パスワード

  • ホーム
  • 講習会を検索
  • 5大機器分析"相互"活用セミナー -目指せSynergy 隣は何をする人ぞ?- ※受付終了

5大機器分析"相互"活用セミナー -目指せSynergy 隣は何をする人ぞ?- ※受付終了

基本情報

地域 秋田
開催場所 秋田県教育会館
開催日時 2018年9月 5日
定員 80名
受付期限 2018年8月31日

5大機器分析"相互"活用セミナー -目指せSynergy 隣は何をする人ぞ?-を開催します。

本セミナーでは、大学連携研究設備ネットワーク登録機器の中でも登録台数上位を占める質量分析装置(MS)、

核磁気共鳴装置(NMR)、走査型電子顕微鏡(SEM)、X線回折装置(XRD)の4種に加えて、広範囲の分野から

依頼分析の形で需要のある有機微量元素分析装置(EA)を含めた5種について、相互の機器の特徴や分析手法

を理解する事を目的とした異種同時セミナー形式で実施します。 担当機器の知識をより深め、担当機器以外

の知識を習得し、それらを相互に活用する知識を得ることにより、所属機関における機器利用の支援の充実は

もちろん、学外への相互利用、機器共用の加速にも繋がります。ぜひご参加ください。

【日  時】 平成30年9月5日(水) 13:00~17:30

【場  所】 秋田県教育会館 (秋田市山王4丁目4-14  http://www.akita-edu-hall.jp/ )

【参加対象】 大学に所属する技術支援者(技術職員、技術支援員、技術補佐員など)

【主  催】 大学連携研究設備ネットワーク 自然科学研究機構 分子科学研究所

       文科省ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム

【参加申込】 https://eqnet-study.jp/form/post_1.html

【旅  費】 ※旅費支給希望者の申込受付は7月5日に締め切りました。

       ここからの参加申込は旅費支給がございません。

【申込締切】 8月31日

【プログラム】

13:00~ 開会のあいさつ、プログラムの説明

13:10~ 有機微量元素分析(EA)

     「JM-10,PAKIN ELMAR2400Ⅱ元素分析装置での私の裏技」

      講師:大阪大学 産業科学研究所 技術室 計測班 分析・データ処理係長 松崎剛 氏

13:35~ 核磁気共鳴分析(NMR)

     「シンプルなスペクトルを考える」

      講師:大阪市立大学 研究支援課 技術支援担当 分析・解析部門担当係長 土江松美 氏

14:00~ 質量分析(MS)

     「受託高分解能試料分析実務から見えたイオン源特性」

     -約600の化合物で評価したMSイオン源適応範囲と付加イオン選択性- 

      講師:早稲田大学 理工学術院 技術部 物性計測センターラボ 技術職員 杉村夏彦 氏

14:25~ 走査型電子顕微鏡(SEM)

     「走査電子顕微鏡の基礎の基礎 簡単な原理と使い方のポイント」

      講師:日本電子株式会社EP事業ユニット 鈴木俊明 氏

14:50~ X線回折装置(XRD)

     「粉末X線回折測定時の留意点と二次元検出器の活用」

      講師:埼玉大学 研究機構 科学分析支援センター 主任技師 徳永誠 氏

15:15~   休 憩 

15:30~ パネルディスカッション

      テーマ : 「ゴムを分析する」

      パネラー: 松崎剛氏、土江松美氏、杉村夏彦氏、鈴木俊明氏、徳永誠氏

      進 行 : 北海道大学 創成研究機構グローバルファシリティセンター

            機器分析受託部門 技術専門職員 岡征子 氏

      概 要 : ある『お題=分析対象』を前にしたとき、それぞれの機器分析の立場からはどのようなアプ

            ローチが可能であるのか、各分析分野の専門家より、実体験を交えた事例を紹介いただきな

            がら、相互の分析技術を理解する機会を提供する。 今回のテーマは「ゴム」である。

16:20~   休 憩

16:35~ ポスターセッション

      テーマ : 「機器分析に関する研修グループ紹介」

      発表予定: ○NMR Club ○顕微情報交流会 ○質量分析技術者研究会 ○北海道質量分析研究会

            ○有機微量分析ミニサロン○XPS部会 ○いまさらながら「共同してXRDの技術向上について

            ○大学連携研究設備ネットワーク ○ナノテクノロジープラットフォーム 

            ○分子・物質合成プラットフォーム ○機器・分析技術研究会

      

      概 要 : 公式、非公式形、地域、全国区と様々な形式ではあるが、同じ機器の担当技術職員が集まり、

            MLによる情報交換や研修を実施している。それらの概要をポスターで紹介することにより、

            現在、担当機器で困っている参加者に、様々なネットワークを駆使により、問題解決に導く

            手助けを行う。

17:25~  閉会のあいさつ

17:30   終了

5大機器分析相互活用セミナー.docx

セミナーに関する質問は、以下までお願い致します。

分子・物質合成プラットフォーム代表機関
自然科学研究機構 分子科学研究所
機器センター (担当:大原)
TEL:0564-55-7431
E-mail:nanoplat@ims.ac.jp

大学連携研究設備ネットワーク事務局 自然科学研究機構 分子科学研究所 機器センター (担当:東) TEL:0564-55-7457 E-mail:eqnet-office@ims.ac.jp