メールアドレス

パスワード

X線回折セミナー「単結晶X線構造解析の基礎と応用」

基本情報

地域 大阪
開催場所 大阪大学
開催日時 2018年6月19日
受付期限 2018年6月19日

単結晶X線回折技術は新規物質の構造決定だけでなく、その物性や機能を考察するうえでも不可欠な技術です。本セミナーでは、単結晶X線構造解析の基礎や、主に有機低分子化合物の単結晶試料を対象とした測定を行う上での大切なポイントなどについて詳しく解説します。また、測定から解析までの一連の流れを、実際の測定ソフト(RAPID-AUTO, CrystalClear)やデータ解析ソフト(CrystalStructure, Olex2)の画像キャプチャを用いて説明します。是非ご参加下さい。

日時:平成30年6月19日(火)13:00-17:20

場所:大阪大学 産業科学研究所 管理棟 講堂(吹田キャンパス)

主催:大阪大学産業科学研究所 総合解析センター, 大阪大学オープンファシリティ推進支援室,

大阪大学科学機器リノベーション・工作支援センター

共催:大学連携研究設備ネットワーク事業

講師:株式会社リガク 松本 崇 氏

定員:90名

対象者:初心者(単結晶X線構造解析をこれから始める方や、解析経験が1年未満の方)

参加費:無料(大阪大学外の技術職員等への交通費支給あり)

参加申し込み:https://eqnet-study.jp/H30_1.html

※旅費支給希望者は5月18日(金)までにお申し込み下さい。

研修申込締切:6月11日(月)(ただし、定員に達し次第締め切ります。)

プログラム

12:30 受付開始(予定)

13:00-13:10 大学連携研究設備ネットワーク事業の紹介

13:10-17:10 講義 

・原理編 単結晶X線構造解析の原理, 結晶の対称, 絶対構造の決定と評価

・測定編 単結晶X線構造解析の流れ~回折データの測定から構造解析まで~, 結晶の選択とマウント,

センタリング, 測定・データ処理ソフトCrystalClear, RAPID-AUTOについて,精度の良い測定には

・解析編 精密化と解析結果, checkCIFとそのアラート対策について, Olex2について

・質疑応答

17:10-17:20 共同利用機器および講習会のご案内

※本セミナーは座学のみです。実機の取扱いや実習はございません。

阪大産研単結晶X線回折セミナープログラム_20180409 (1).docx

セミナーに関する質問は、以下までお願い致します。

大学連携研究設備ネットワーク事務局
〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
自然科学研究機構 分子科学研究所
機器センター
TEL:0564-55-7490
FAX:0564-55-7448
e-mail : eqnet-office@ims.ac.jp